「革のがびょう」で楽しいイベントをさらに楽しく

「革のがびょう」で楽しいイベントをさらに楽しく
カラフルさで盛り上がる

2013.11.11工房だより, 雑記】   Comment (0) - Trackback (0)

ぼちぼちと街にクリスマスの話題が持ち上がるようになってきました。
クリスマスイベントの参加を呼び掛けるポスターはこれから張り出されるかと思いますが、その掲示に工房Qの「革のがびょう」を使って見てはいかがでしょうか。
楽しい催し物なのですから、がびょうも華やかなものにすれば、盛り上がりますよ。

革のがびょう 掲示例
 
革のがびょうは、できるだけ革を有効活用したいと思って作っています。革を裁断するとどうしても端革が出てくるのですが、そういう部分を捨てたくなくてがびょうに使っているんです。
端革といっても、象嵌のように革を埋め込んでいるので、手間をかけています。

革のがびょう アップ
 
端革を使う分、さまざまなパターンができるので、お好きなものを選べます。
クラフトマーケットで出品している製品です。4つ一組のセットものと2個単位のバラ売りがあります。
11月17日の雑司ヶ谷手創り市にも持っていきます。
 
なお唐突ではありますが、相撲部屋のある東京ということで、今回、おすもうさん用のものを作ってみました。
白い革を星形に抜いて、あえて革を埋め込まず、下地の金が見えるようにしました。
そう、白星(白い〇)でもあり金星(きんぼし)でもあるという縁起物です。

白星・金星がびょう

星取表とか番付表を掲示するのにこのがびょうを使ってほしいと考えました。
特殊なシチュエーションのモノを考えるのが好き(参考記事:「売れないモノ」づくりへのあこがれ?)なので、つい(笑)。
知り合いにおすもうさんがいる方、プレゼントにいかがでしょう。

もちろん、相撲関連の目的以外でも買っていただいてかまいません。金星は勝負の世界のどのジャンルでもあることですから。
4つ1セットになっています。

このセットは手創り市に持って行く分の数量に限りがありますので欲しい方はお早めにご来場を。

新着コメント