マグジョッター「ダイアゴナル」 大人のペンシルキャップ typeB ペン型インクカートリッジケース 万年筆愛好家のためのノートカバー ゼブラBankers専用革キャップ
リングメモハンガー with ペンホルダー ミニマムに最適化した鉛筆システム「Yatate」 ツイストリングノート用ルーペリフィル フルオープンペンケース「Akeru」 Ver.1 2連フリスクケース 「ダブリスク」
ロットリングシャープペン用キャップ ペンハンモック コインホルダーキーカバー 新バージョン 革のペン置き システムジョッター

モノモノしい話:ガジェット編】【モノモノしい話:文具編】【雑記

極小の小物紹介 静岡手創り市報告 その2

2013.04.15工房だより, 製品紹介, 雑記】   Comment (0) - Trackback (0)

極小の小物紹介 静岡手創り市報告 その2

静岡手創り市についての報告の追加兼小物紹介+オマケです。

クラフトマーケットでは、工房Qのサイトに載せていない製品も店頭に並べます。主に、受注生産向きでない、ある程度まとめて作らざるをえないような物で、かつ小さな物、または気まぐれに作ったモノがそれになります。
これまで紹介していなかったそれらの一部をちょっと紹介します。
これらはいつも出すとは限りませんが、イベント受け渡し注文で予約販売可能なものもありますので、気になる方はメールにてお問い合わせください。

一番目は「文具型マグネット」

静岡手創り市 2013春

2013.04.14工房だより, 雑記Comment (0) - Trackback (0)

静岡手創り市 2013春

4月13、14日に地元の静岡縣護国神社で開かれた静岡手創り市に出展してきました。
このアート・クラフトマーケットは春と秋の年2回開催され、これまで来場者として何回も来ておりました。ちゃんとオリジナルのものを作る作家が多数参加するお気に入りのイベントです。
工房Qとして、自分が制作した物をオープンに売るようになったため、このイベントに参加させてもらおうと応募し、運よく選定していただけての初参加です。

すごい機能があった「伝説の鉛筆」

2013.04.05モノモノしい話:文具編, 工房だよりComment (0) - Trackback (0)

すごい機能があった「伝説の鉛筆」

昨日ここで報告した、入手したばかりの伝説の鉛筆「PALOMINO BLACKWING」を手に取って愛でていたら、大発見してしまいました。
素晴らしい機能がついていたんです。

気づいたきっかけは消しゴム部分の突起。
「この突起ってなんの意味があるのかな?」
といじっていて気が付いたんです。

伝説の鉛筆

2013.04.04モノモノしい話:文具編, 工房だよりComment (0) - Trackback (0)

伝説の鉛筆

文具好きなら、伝説の...とくれば、伝説のノートブック「モレスキン」を思い浮かべる人が多いでしょうが、今回、違う「伝説」を入手しました。

その名も「伝説の鉛筆」。PALOMINO BLACKWINGです。

これ、消しゴム付き鉛筆なんですが、消しゴム部分がカッコイイんです。
平筆みたいなカタチがなんかプロっぽくてステキです。

ダイゴー すぐメモ

2013.03.18ツールカードの世界, モノモノしい話:文具編, 工房だよりComment (0) - Trackback (0)

ダイゴー すぐメモ

ダイゴー すぐメモ」は手帳メーカーのダイゴーさんの定番商品です。
「すぐメモ」というくらいだからすぐにメモが取れ、キリトリ線があって、切って人に渡したりできます。

ただ、この製品の隠れた能力が知られていないことを残念に思っています。
ていうか、メーカーもメリットとしてPRしていないようです。
ほとんどの人が知らないのかも。

で、愛用者の私めがその能力をお披露目しようかと思います。

静岡手創り市に出展します

2013.03.02お知らせ, イベント告知, 工房だより, 雑記Comment (0) - Trackback (0)

静岡手創り市に出展します

工房Qは、4月13、14日(土・日)、静岡縣護国神社で開催される静岡手創り市に出展することになりました。
静岡にお住まいの方、たまたまそのころ静岡に来る用事がある方は、お時間がありましたらぜひお立ち寄りください。
緑の中のとても心地よい空間です。(写真は2012年の様子)
回遊できるので、ぐるぐる回りながら様々なクラフト作品を見ることができます。

未完成品の面白さ

2013.03.01工房だより, 雑記Comment (0) - Trackback (0)

未完成品って面白いと思っています。
やりかけで未完成というのではなく(それも面白い場合もありますが)、
一応、形になっているものの、
・何か足りない、だけど足りないことがはっきりしないようなモノ
・足りないことははっきりしていても、それを補完することによって、最も特徴的な部分を犠牲にせざるをえないため、補完できないモノ
・構造は出来ていても配色が決まっていないモノ
・使い手が自分用に「いじる」ことによってはじめて完成するモノ
いろいろあります。

剣になったペン

2013.02.24実験的製品, 工房だより, 文具系, 製品紹介】   Comment (0) - Trackback (0)

剣になったペン

鉛筆を愛する工房Qは、鉛筆補助軸も愛用しています(参考記事:古い鉛筆補助軸)。
いくつか鉛筆補助軸を持っていますが、そのうちのお気に入りの一つが信頼文具舗さんで販売している「エクステリバー」です。銀色の古美仕上げでとてもシブい、味のある製品です。
エクステリバーという名前は、おそらくエクステンダー(鉛筆補助軸)とエクスカリバー(魔法の剣)をかけあわせたものだろうと推測しています。
工房Qでは鉛筆補助軸用キャップの「ペンシルエクステンダーキャップ」を作っていたりしますから、この「エクステリバー」用にもキャップを作ってみようと思ったわけです。

静岡モレスキンミーティング

2013.02.23工房だより, 雑記Comment (0) - Trackback (0)

静岡モレスキンミーティング

地元静岡のモレスキンミーティング(第2回)に参加して来ました。

モレスキンミーティング(モレミ)はそもそも、モレスキンというノートファンの集まりなのですが、文房具を話題に盛り上がればよいというユルい集会です。実際、私はモレスキン使いではなかったりしますが文具好きなので参加したわけです。
 
写真は、モレミにつきもののモレスキンタワーです。
私はモレ使いではありませんが、中に、1冊所有するドンスキン(ドンキホーテのモレスキンもどき商品)を混ぜてもらっております。
 

雑司ヶ谷手創り市に初出展してきました

2013.02.17工房だより, 雑記Comment (0) - Trackback (0)

雑司ヶ谷手創り市に初出展してきました

東京・豊島区の雑司ヶ谷鬼子母神と大鳥神社で開催された、雑司ヶ谷手創り市に初出展してきました。
運よく日当たりの良い場所を提供していただいたものの、静岡人にとっては震える寒さでした。

お立ち寄りしていただいたお客様には、ひたすら感謝いたします。
わざと能力を隠しているような製品も多々あり、パッと見では特徴が良くわからないので、説明を聞いていただけるととてもうれしいです。