マグジョッター「ダイアゴナル」 大人のペンシルキャップ typeB ペン型インクカートリッジケース 万年筆愛好家のためのノートカバー ゼブラBankers専用革キャップ
リングメモハンガー with ペンホルダー ミニマムに最適化した鉛筆システム「Yatate」 ツイストリングノート用ルーペリフィル フルオープンペンケース「Akeru」 Ver.1 2連フリスクケース 「ダブリスク」
ロットリングシャープペン用キャップ ペンハンモック コインホルダーキーカバー 新バージョン 革のペン置き システムジョッター

モノモノしい話:ガジェット編】【モノモノしい話:文具編】【雑記

まかないノート(その2)

2013.06.25工房だより, 雑記】   Comment (2) - Trackback (0)

まかないノート(その2)

まかないノート(その1)からの続き


工房Qの「まかないノート」の表紙は革で作りました。当然ですよね。革工房の「まかない」なのですから。
別に一枚の革だけでも良かったのですが、ストラップとホックをつけてノートが開かないようにできるようにしました。これでだいぶ雰囲気がかわります。

まかないノート(その1)

2013.06.24工房だより, 雑記】   Comment (0) - Trackback (0)

まかないノート(その1)

まかない文具」のうちの一つ、「まかないノート」について紹介します。

本題に入る前に、まず「まかないノート」のベースにしているノートのことから。

そのノートは、文具メーカーリヒトラブが出している名文具「ツイストリングノート」です。
リングノートなのにリフィルを差しかえることができるすぐれものです。
リフィル交換といえばシステム手帳があるじゃないかと思われるかもしれませんが、ツイストリングノートは本当にノート並みの厚さしかなく、システム手帳よりかなり薄いです。
必要な分だけセットしておけばいいのでスマートに持ち歩けます。
A5、B5といった普通のノートと同じサイズなので整頓もしやすいです。

このツイストリングノートの発展余地の大きさにホレました。

まかない文具

2013.06.23工房だより, 雑記Comment (0) - Trackback (0)

レストランとか料亭には、スタッフ用の食事「まかない料理」があることは良く知られたことです。
身内で食べるということもあって、使う素材は限定的ながら、ちょっと冒険した自由なレシピになっていることがあるようです。

料理屋に「まかない料理」があるのであれば、文具や雑貨を作る自分が、売ることをあまり考えずに手元にある素材で自分用に好き勝手に作る場合、「まかない文具」とか「まかない雑貨」とか言ってしまおうと思います。

例えば、

大人の「W」ペンシルキャップ

2013.06.18工房だより, 雑記】   Comment (0) - Trackback (0)

大人の「W」ペンシルキャップ

Hさんのスペシャルオーダー品。
ペンケースを持たずに鉛筆だけバッグに入れるから、と意外な使い方のために大人のペンシルキャップを購入してくれていたHさん。
鉛筆を2本持つことにしたから2連のキャップを作れないかと相談があり、作りました。
大人のペンシルキャップを2つ並べたような形になりました。

TI-CARD

2013.06.17ツールカードの世界, 特殊用途系Comment (0) - Trackback (0)

TI-CARD

製品名   : TI-CARD
分類     : 特殊用途系 単機能タイプ 無変形型
サイズ   : タテ52mm ヨコ82mm 厚さ1mm 
サイズ評価: 「真」ツールカード
機能     : ナイフ
評価
 携帯度 ☆☆☆☆☆
 実用度 ☆☆☆
 面白度 ☆☆
 

デッサン鉛筆を使う方にオススメ 大人のペンシルキャップ

2013.06.11工房だより, 雑記Comment (0) - Trackback (0)

デッサン鉛筆を使う方にオススメ 大人のペンシルキャップ

デッサンをする方は鉛筆を特殊な削り方にします。
多様な表現を可能にするため、芯を長く出す形で削ります。
鉛筆という道具を、絵を描くためにカスタマイズするというシチュエーションはとても好きだったりします。
ただ、芯を長く出すと折れやすいですし、収納したときに汚れやすいですよね。

そういうときは、鉛筆キャップの登場、なんですが、

さてこれは何でしょう? 実験的製品の紹介

2013.06.09お知らせ, 工房だより, 更新履歴Comment (0) - Trackback (0)

さてこれは何でしょう? 実験的製品の紹介

実験的製品について紹介記事を更新しました。

この写真を見て、これが何かわからない場合は下のLINKをクリックしてください。

LINK

新製品「カンヌ」脱着可能なカンヌキ式のクリップペンホルダー

2013.05.15お知らせ, 工房だより, 更新履歴Comment (0) - Trackback (0)

新製品「カンヌ」脱着可能なカンヌキ式のクリップペンホルダー

新製品「カンヌ」:脱着可能なカンヌキ式のクリップペンホルダーについて製品紹介ページに情報をアップしました。

「カンヌ」脱着可能なカンヌキ式のクリップペンホルダー

100年後の蚤の市で並ぶモノ

2013.05.09工房だより, 雑記】   Comment (0) - Trackback (0)

100年後の蚤の市で並ぶモノ

工房Qがモノ作りで意識していること、それは「50年後、100年後の蚤の市の店先に珍品として並ぶような商品を作りたい」っていうことです。
「まじめに作られた珍妙なモノ」とでも言えばいいでしょうか。使い手に愛用されて、古美(ふるび)て味が出ていて、そこまで時間がたっても使えるくらい作りがしっかりしていて、なお、珍しくて捨てられずに残りそうなモノでありたいのです。
未来の蚤の市で誰かが、「あれっ、これってなんだろう。面白いね」って手に取ってもらうシーンを想像してモノ作りしています。

雑司ヶ谷5月手創り市にて

2013.05.07工房だより, 雑記Comment (0) - Trackback (0)

雑司ヶ谷5月手創り市にて

昨日(5/6)、工房Qは東京・雑司ヶ谷の手創り市に出展してきました。
ゴールデンウイークの最終日でしたが、天気が良く、さわやかな日とあって、大勢の方々が来場してくれました。

工房Qのブースは端の方でしたが、多くの方が訪れ、手に取ってくれたのがうれしかったです。
当工房のモノは機能的な特徴を打ち出すことを重視しているため、手に取ってみないとわからないことが多いのです。

そして、工房Qの製品のオーナーの方、Twitterでフォローしている方、サイトを見た方も来ていただきました。
最初から製品を見る目的があって来てくれた方々の存在はとてもうれしいです。